ミシンでいろいろ

最近、電気使用量が少ないですよね~。
こんなお天気、気温も上がらず・・みなさん クーラーを付けていないからでしょうね。
電気を使うミシン、心のどこかで「暇つぶしなのに 電気を使ったら申し訳ないよね・・」なんて思っているけど 今なら使っても大丈夫?
なんて、言い訳をしながら ミシンを踏んでいます。

e0118859_12443587.jpg

小関鈴子さんの「スクラップキルトの楽しみ」に出ていたポーチ。
これが まぁ、作ってみると小さい、小さい。何を入れるんだ!って感じ。
口布に使ったのは 人口スウェード「エクセーヌ」。本にも「スウェード」を使っていたから ネットで探したら こちらのショップが見つかりました。色もたくさんあって 楽しいぃ~~。はい、見本帳も買っちゃいました~~。ミシンでも縫える、洗える、嬉しいね~
本では、紐をボタン2つの間に通して キュッって閉まるようにしてあったけど、2つ穴ボタンをどうやって留めるのか・・・考えてもいいアイデアがわかなったので省略。

フリーモーションは練習をしなければ 上手になる「コツ」なんて無いようで・・・
だったら、練習するしかないか~と小さめのコースターを作ってみることに。
e0118859_12513939.jpg

ガタガタ、ヒョロヒョロだけど 消耗品のコースターだったらOK?
キルティングのデザインは こちらから →☆
You Tubeで見られるし、説明もしている・・らしい。残念ながら何も聞き取れない。だから、You Tubeを見るときは音無しで。あとは 想像するのみ 悲しいぃ~~

ちなみにコースターの作り方。
白布(エイティ)を15cm角2枚用意。(15cmはでかすぎ?もうちょっと小さくてもいいけど、フリーモーションをするときに このサイズだと指が置ける)
2枚を合わせて 表側に10cm角を消えるペンで書く。
書いた線を目安に ミシンのスカラップ模様(サイズは基本サイズ。つじつまは適当に合わせた)を1辺7個。模様の終わりの所で布を回して、角を曲がる(これが結構大変。すぐに行き過ぎちゃう。神経を集中!)
3辺が終わったら 一度糸を切って、10cm角のキルト芯(薄手、ミシンキルト用と書いてあるのを使いました)を押し込む。最後の辺もスカラップ。
4辺スカラップが出来たら 10cm角で書いた線を目安に グルッと1週縫う。これで、キルト芯が収まったはず。
この「ミシンキルト用」のキルト芯(バイリーン)、薄いって言えば薄い?吸い付きがいいです。
ハワイアンキルトで「いい!」って読んで使ったら なんだかベタ付いた感じがして 挫折した「シンサレート・ハイロフト」に似た感じ。あの、半分ぐらいの厚みかな~

フリーモーションをするときに ↑のデザイナーさんの 「押さえ金を加工して使う」って言うのを見て、自分のもゴムで留めてみた。
んん~、上下するのが少なくなって 縫いやすくなった。
どうも、JUKIはこの「上下」させるバネが無いようで・・・あぁ~、今度はJUKIのミシンが欲しくなった。一番安い機種でフリーモーションの押さえ金を買って・・また、お買い物妄想が広がる~
[PR]

by shimashimagogo | 2011-07-31 13:08 | パッチワーク完成